ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT 第51回

“バリューオーガニック”って定着した?

有料会員限定記事


オーガニック・ナチュラルコスメは限られた資源(植物)を原料とするため、高価格帯になりがちで継続して使用するのが難しいとされてきました。そんな中で、ドラッグストアを主戦場に手に届きやすい価格でオーガニック商品を展開し、オーガニック・ナチュラルコスメの裾野を広げたいという動きが10年ほど前にありました。“バリューオーガニック”と呼ばれ、該当ブランドも少しずつ増えていました。その代表格がマツモトキヨシのオリジナルブランド「アルジェラン(ARGELAN)」で、シャンプー&コンディショナーを1500円程度で販売し、売り場の目立つ位置にあり、その動向に注目が集まっていました。ヘアケアだけでなくオーガニック認証を取得したスキンケアやカラーリップなどアイテムが広がり、中でもカラーリップは完売状態が続くなど好調に推移し、ベストコスメを受賞するなど勢いがありました。

当時、「アルジェラン」の商品開発・製造を担当するカラーズの社長が、「ドラッグストアにオーガニック・ナチュラル商品の棚ができれば成果を出せたと言えるだろう」と話していたのが印象に残っています。現在、売り場を見るとオーガニック・ナチュラルの棚はなくとも、それらの商品が増えたと実感できます。特に生理用ナプキンは顕著です。これまでは、オーガニック・ナチュラル業界では、石油化合物の吸収性ポリマーが使われている生理用ナプキンは経血を吸収すると体を冷やすため避けた方がよいと言われていました。しかし大手企業が市場シェアを獲得しているためオーガニック・ナチュラルな生理用ナプキンの普及は難しいと諦めムードでした。今は大手企業がオーガニックの生理用ナプキンを展開し、棚の大半を占めています。

上記の記事を見て、“バリューオーガニック”を思い出したのですが、ドラッグストアで1500円程度のヘアケアは今、活気づいています。価格の壁がなくなっている今、地球や人に優しいオーガニック・ナチュラルのヘアケアやスキンケアなどが再度台頭するチャンスなのではないでしょうか。もちろん1社では成し遂げるのは困難です。同業者や異業種とのタッグでそれをかなえてほしい、そう願っています。

この続きを読むには…
残り329⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。