ファッション

ブラックピンクのジェニーが「シャネル」の時計“プルミエール”のキャンペーンに登場

BLACKPINKのジェニー(JENNIE)はこのほど、「シャネル(CHANEL)」の時計“プルミエール・エディション・オリジナル”の最新キャンペーンに登場した。

動画と写真は、イネス・ヴァン・ラムスウィールド(Inez van Lamsweerde)とヴィノード・マタディン(Vinoodh Matadin)がパリで撮影。ジェニーは「時計は左手につけるのが好き」と語った。ゴールドのチェーンで縁取られたオールブラックのアンサンブルを身にまとい、シンガー兼ラッパー、女優として活躍するジェニーが、ヴァンドーム広場を見下ろすスイートルームでくつろぎながら、時計を手にとり、着用する姿が映し出されている。撮影の際、ジェニーは初めて夏のパリに訪れ、「天気も空気感も気に入っています」と話したという。

2017年から「シャネル」のブランドアンバサダーを務めるジェニーは、これまでに同ブランドのバッグ“シャネル22”、スキーウエアライン“ココ ネージュ”、ファインジュエリー“ココ クラッシュ”のキャンペーンに登場している。ジェニーはイベントや外出、さらにはミュージックビデオでも同ブランドを着用することが多く、一部のファンからは「歩くシャネル」と形容されている。

「シャネル」初のウオッチ“プルミエール”の誕生から35周年を記念して22年に発売された“プルミエール・エディション・オリジナル”では、当初からリリー=ローズ・デップ(Lily-Rose Depp)が広告塔を務めているが、今回ジェニーは新たな顔としてリリー=ローズに加わる格好となった。

「シャネル」のウオッチ メイキング クリエイションスタジオのアルノー・シャスタン(Arnaud Chastaingt)ディレクターは、1987年に故ジャック・エリュ(Jacques Helleu)によって創作された“プルミエール”のデザインを「時計以上のものであり、スタイルの教科書」とも評している。この時計は、シャネルのベストセラーであるフレグランス“No.5”のストッパーの形を模したもので、2本の針は数字のない黒い漆塗りの文字盤に浮かび上がるように配されている。“プルミエール・エディション・オリジナル”は、金具やゴールドのメッキを細かくアップデートしたほか、「シャネル」の現行のハンドバッグの色味に合わせてオリジナルよりも柔らかなゴールドに変更している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。