ファッション
連載 今週の特集お届け隊 第121回

2024年春夏の本命トレンドは?(2023年12月18日号)

毎週発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2023年12月18日号からの抜粋です)

本橋:半年に1度の恒例となったリアルトレンド特集ですが、2024年春夏の展示会で感じたのは、スタイリングが肝になるということ。アイテム自体に目新しさはあまりないのですが、スタイリングでオシャレに見せる動きが顕著でした。そこで今回はスタイリストの濱本愛弓さんに表紙のスタイリング12体をお願いし、インタビューもしました。また、各展示会の写真にもスタイリングのポイントを明記。接客やインスタライブなどの参考になればうれしいです。

木村:セレクトショップを取材しましたが、カジュアル系はスポーツミックスがキーワード。トラックスーツにチュールベストや、ジャージーのセットアップにバレエシューズなど、意外性のある組み合わせが来そうです。

五十君:23年秋冬のリアルトレンドでは、キラキラアイテムに期待していましたが、街で全然見かけないですね……。12月でもこの暖かさなので、スパンコールやラメニットの出番ナシかもしれません。それよりもチュールなどのシアーなアイテムのトレンドが来春夏は継続しそう。

大きめなシアーアイテムを一番上に

木村:エストネーションに聞くと港区界隈ではスパンコールのアイテムが売れているそうです。春夏もキラキラアイテムを充実させるそう。富裕層のパーティー需要はありそうです。シアーアイテムは、これまではレイヤードの一番下にありましたが、春夏ではパーカなど、オーバーサイズで一番上に着るアイテムとして出てきています。

五十君:長い夏に向けてどう提案するかも焦点ですね。定番再解釈の流れでトレンチコートもよく見ましたが、素材は薄手が中心。すぐに暑くなりそうなので、冬に続き、春アウターもロング丈はもはや不要かもしれません。

本橋:僕は「今はちょっと不格好でもいい」という濱本さんの言葉が印象的でした。自由にレイヤードを楽しもうという雰囲気を展示会の取材でも感じたので、それを特集でも伝えたいです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。