ファッション

レディー・ガガ、フィリックス、パルトロー、それぞれの黒 【今週のセレブ】

レディー・ガガ、ストレイキッズのフィリックス、グウィネス・パルトロー

レディー・ガガ(Lady Gaga)、K-POPボーイズグループ、ストレイキッズ(Stray Kids)のフィリックス(FELIX)、グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)が世界各地でキャッチされた。くしくも3人が選んだのは黒。

ガガは「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」に袖を通し、映画「マエストロ:その音楽と愛と」のロサンゼルスプレミアに登場。2023年秋冬コレクションから、上下を逆転させたラペルデザインやクリスタル刺しゅうが特徴のテーラードジャケットとパンツを選んだ。

フィリックスは、韓国で開催された「GQ メン・オブ・ザ・イヤー」で「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」を着用した。黒のツイードブレザーにレザーパンツとブーツを合わせ、白シャツと赤のバッグを視覚的に効かせた。

パルトローは、サウジアラビアで行われた紅海国際映画祭で「ディオール(DIOR)」をセレクト。シルク×ウールのジャケット&スカート、パンプスに白のシャツを合わせた。ボタンを一番上まできっちり締め、ニートに見せたのがパルトロー流だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。