ファッション

アナ・ウィンターとグウィネス・パルトロウが雑誌を創刊

 米コンデナストと女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)は9月、グウィネスが主宰するウェブメディア「グープ(GOOP)」の紙媒体を、季刊誌として創刊する。コンデナストは「グープ」とデジタルおよびソーシャルコンテンツでも協業。新雑誌「グープ」は全米のキオスクのほか、コンデナストの一部ウェブサイト、ウェブメディア「グープ」の公式サイトおよび、新雑誌のソーシャルチャネルで発売予定だ。

 コンテンツの大半は、「グープ」がプロデュースするオリジナルのもの。ウェブで人気のある健康やフィットネス、料理とレシピ、スタイルやデザインの情報に加え、ウェルネスや旅行などのライフスタイル情報を中心に発信する。そこにコンデナストが強みとするビジュアルとイメージを掛け合わせ、アーティスティックなコラボレーションを目指す。

 今回のコラボは、長年友人であるアナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長と、グヴィネスとの会話から実現した。グウィネスは、「アナはエネルギッシュで、メディアで最も素晴らしい考えを持つリーダーの一人。紙媒体になることで、ウェブメディアの視覚的限界を超え、『グープ』の視点を新しいダイナミックな方法で読者に提供できる」とコメント。

 一方のアナは、「長い間グヴィネスは素晴らしいセンスとビジョンの持ち主だと思っていた。特に『グープ』では、私たちが現代をどう生きるかをモダンに取り上げていて、素晴らしい。彼女がコンデナストに新たな視点をもたらしてくれることを楽しみにしている」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら