ファッション

「ハーパーズ バザー」日本版の新編集長に松田麻衣子編集長代理が昇格

松田麻衣子「ハーパーズ バザー」日本版 新編集長

ハースト婦人画報社は12月1日付で、ファッション誌「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」日本版の新編集長に松田麻衣子編集長代理が就任すると発表した。小栗裕子編集長は退社する。

松田新編集長は、1996年にTBSブリタニカ(現CCCメディアハウス)に入社。「フィガロジャポン(FIGARO japon)」でファッション、カルチャー、旅などを担当した。2013年にハースト婦人画報社に入社し、「エル・ジャポン(ELLE Japon)」副編集長に。産休・育休を経て、15年に「ハーパーズ バザー」副編集長となる。21年から現職。

松田新編集長は、「“自立した女性のための社会派ラグジュアリーメディア”として、デジタルコンテンツをさらに充実させる。美しいビジュアルを入り口に透明性の高いジャーナリズムを掲げ、女性たちに寄り添って知見を広げる記事を発信していく」と話す。

「ハーパーズ バザー」日本版は13年にスタート。今年10周年を迎え、10月には「ハーパーズ バザー アート(Harper's BAZAAR ART)」も創刊した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。