ファッション
連載 業界あるある もしかしてステマ? 第5回

投稿を依頼したインフルエンサーが動画を自主的にアップ、コレってセーフ?アウト?【マンガで学ぶステマ規制】

有料会員限定記事

広告なのに広告ではないように装うSNS投稿も、10月からは「ステルスマーケティング」。ファッション&ビューティ企業も、ステマ規制を正しく理解することが必要です。そこで「WWDJAPAN.com」は、企業のSNSやインフルエンサー・マーケティングを担うLIDDELL(リデル)に協力を依頼して、業界あるあるなシチュエーションの「ステマかも!?」なクイズを出題。室木おすしのマンガで楽しくステマ規制を学び、講じるべき対策を伝授します。今回は、投稿を依頼したインフルエンサーによる自主的なアップの話。

ケーススタディ6

今回の事業者
ジュエリーブランドG
投稿者
パーティーに招かれた動画クリエイター

ジュエリーブランドの「G」は、SNSで活動する動画クリエイター30人をレセプションパーティーに招待しました。依頼内容は、ディスプレーしてあるジュエリーを自由に撮影した動画を納品してもらうこと。制作費用もお支払いしました。
クリエイターの中には、納品動画を自身のSNSに投稿したり、「楽しいパーティーでした。商品もかわいくてよかった!おすすめです」と、楽しむ様子を発信したりする方もいました。なお、その投稿に広告表記はありません。
これは、ステマ?それともセーフ?

「第三者の自主的な意思による投稿とは認められない関係性がある」
と判断されるかもしれません
この続きを読むには…
残り648⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。