ファッション

個性を究め、ファンと深くつながる インフルエンサーの新たな生存戦略

有料会員限定記事

 コロナ禍で、インスタやユーチューブ、ティックトックなどの発信者は雨後の筍のように増えた。薄っぺらな発信は埋もれてしまう時代。何万、何十万というフォロワーを抱えるインフルエンサーも生存戦略を模索する。メンズインフルエンサーの金山大成は「自分より若い世代では、『発信すること』が当たり前。うかうかしていられない」と話す。一昨年、銀座の元テーラーと組んで立ち上げたアパレルブランドは品質も価格も、いわゆる「インフルエンサーブランド」とは一線を画す本気度。「ランウエイに出たい」と夢を語り、熱量でファンを巻き込む。元祖ファッションユーチューバーのハズムも、運営するセレクトショップが「話題性だけでは続かない」という危機感を持ち、店作りを刷新。「リーチ」や「収益」といった目先の数字にとらわれず、自分の個性を掘り下げ、ファンとの強いつながりを作っている。(この記事はWWDジャパン2022年12月26日号からの抜粋です)


【「服作り」を究める!】
金山大成/ワンファイブCEO 「サブレーションズ」ディレクター

金山大成/ワンファイブCEO 「サブレーションズ」ディレクター

金山大成(かなやま・たいせい):1994年石川県生まれ。大手セレクトショップの店長や販促、デジタルマーケティングを経験し独立。アパレルブランド「サブレーションズ」やジュエリーブランド「ヒアーズ」をディレクションする。INSTAGRAM : 218000 followers /YouTube : 47000 subscribers PHOTO:TAMEKI OSHIRO

■高感度セレクトも評価する服 ランウエイへの夢を旗印に

 金山大成はインスタグラムフォロワー約20万人(12月時点)を抱えるインフルエンサーだ。2020年には銀座の元テーラーである中村泰貴と組んでファッションブランド「サブレーションズ(SUBLATIONS)」を立ち上げた。

 金山がブランド全体のディレクションを、中村がデザインやパターンを担い、ミニマルでひねりの効いたデザインのアパレルを打ち出す。価格はジャケットで5万〜7万円、コートであれば10万円以上のものもある。EC販路中心としては高価格帯だが、これまでローンチした6つのカプセルコレクションは在庫をほぼ売り切った。

この続きを読むには…
残り2701⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。