フォーカス

戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 金山大成編

 「WWDジャパン」の3月23日号では、インスタグラムを特集した。単なるSNSではなく、「モノを売る場」や「検索の場」となっているインスタグラムの攻略術を担当役員への取材やSNSのプロフェッショナルによる座談会、アパレル企業へのアンケート調査などから探った。本記事では特集内で行ったインフルエンサーたちへのアンケート調査の回答をピックアップ。認知度がほぼない状態から、インスタグラムを駆使してインフルエンサーとして活動するに至った人物たちに、普段使うアプリや投稿で意識しているテクニック、月々の企業案件数などを聞いた。第3弾は、金山大成さんだ。

WWD:現在の職業と、普段のインスタグラムの投稿内容を教えてください。

金山大成(以下、金山):ファッション領域で活動しており、ジュエリーブランド「ヒヤーズ(h’eres)」のディレクターなどもしています。インスタグラムではファッションを中心にライフスタイルや旅、ガジェットを投稿しています。

WWD:投稿頻度はどの程度でしょうか。

金山:1日2回投稿しています。

WWD:インスタグラムで戦略を立てる際に重要だと言われているインサイト(クリエイターやビジネスアカウントに切り替えることで見ることができる投稿分析機能)で重視している項目は?

金山:リーチ数、外部露出を意識しております。どのくらいの方にリーチされているかを確認します。外部からの流入が新規フォローに繋がるのでどれだけ外部に露出できるのかも気にしています。

WWD:投稿の際に画像加工などで使用するアプリはありますか?

金山:Adobe LightroomとVSCOです。

WWD:写真撮影時に使う機材などはありますか?

金山:カメラはソニー(SONY)のα7II、レンズはタムロン(TAMRON)の28-70を使用しています。

WWD:写真の画角やハッシュタグの付け方などで、投稿の際に意識している細かいテクニックはありますか?

金山:写真の画角はキャプションで見た時にスタイリングが全身残るように意識して撮影しているのと、4:5でカットしてすこし余白が残るようにしてます。とにかく見やすいということを意識しています。

WWD:これまでに最もバズった投稿はありますか?

金山:指輪を付ける場所に関する投稿です。こちらの投稿でフォロワー数が約3000増えました!インプレッションと保存数が桁違いです。

WWD:企業案件は1カ月にどの程度来ますか?また、月にどの程度受けていますか?

金山:1ヶ月に20件ほどですが、現在はほとんどお受けしていません。

WWD:企業案件の1投稿当たりの報酬について、これまでと現在で金額に変化はありますか?

金山:こちらは申し訳ございませんが、お答えできません。

WWD:インスタグラムに関して、外部支援(コンサルティングやセミナー登壇など)を行っていますか?

金山:はい。      

WWD:外部支援の依頼は、最近増えていますか?

金山:自身のインスタグラムアカウントを大幅に伸ばせていた実績もあるため増えております。

WWD:インフルエンサーとして、今後描いているキャリアプランはありますか?

金山:ファッション分野で活動しているので、今後さらにファッションの世界でしっかりと影響力がある人物だと知っていただけるように活動したいです。その分自分もまだまだ努力が必要だと感じています。

WWD:現在活用しているインスタグラムの機能を理由と共に教えてください。

金山:主にストーリーズ機能を活用しています。フィード投稿と違い、普段とは違った世界観を作れたり、フォロワーの方との距離感も近くなるのと、24時間で消えることもあるためラフにあげられます。

WWD:今後活用していきたいインスタグラムの機能があれば理由と共に教えてください。

金山:IGTV、ライブ機能をうまく活用していきたいです。今後は現在フォローしてくださっている方々とさらに交流を深めたいと考えています。

最新号紹介