ファッション

「アメリ」24年春夏は凝ったデザイン復活 「強いモノ作りでインフルエンサーブランドと差別化」

有料会員限定記事

ビーストーン(黒石奈央子CEO)が運営するリアルクローズブランド「アメリ(AMERI)」の2024年春夏は、もともと強みとしていたようなひねりの効いたアイテムが豊富だ。「来年でブランド設立10周年を迎える。ドッキングやバックプリーツなどのディテールを初期のころは打ち出していたが、改めてそういった凝ったアイデアに注目している」と黒石CEO。「海外コレクションは正直見ていない。自分たちが実際に今着たいものだけをそろえた」と語り、パリコレ終了前に展示会を行った。

ここ数シーズン、はっ水などの機能性素材を使ったシンプルなデザインが目立っていたが、今季はネイルに使うジェルを混ぜ合わせてアトリエ内で柄を作ったというマーブルプリントや、インテリア資材用のラッセルレース、腰を膨らませたドレスなど、柄や素材、ディテールそれぞれで主張の強いアイテムをそろえている。一般的なトレンド傾向として、24年春夏はシンプル、ミニマルといった要素が強まっているが「私自身は逆にシンプルに飽きてきたところ。今の時代はインフルエンサーがディレクションするD2Cブランドがあふれているからこそ、自分のアイデアでモノ作りができるデザイナーが重要だし、しっかり考えて作られた“語れる”アイテムが求められている。一般のお客さまも、その違いは見抜いていると思う」と黒石CEO。

期待はデニムアイテムのバリエーション

この続きを読むには…
残り701⽂字, 画像16枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。