ファッション

最終消化率97%、社員総出の検討会がヒットを生む 売上高38億円に育った「アメリ」のモノ作り【後編】

有料会員限定記事

 「アメリ(AMERI)」は立ち上げの2014年から週2回、4〜5型の商品投入を続けている。ECを訪問する客を飽きさせないために始め、それがEC成長の原動力にもなった。現在は国内外に実店舗6店(うち1店はブランドビンテージアイテムの専門店)を構えているが、週2回の投入は継続している。「型数は今後やや減らしていきたいという考えはあるが、減らしすぎるのもお客さまにとってよくない。とは言え、在庫を残してしまうことがブランドにとって一番の毀損につながる。発売半年前の展示会の段階でインスタグラムで告知して行う先行受注などで需給バランスを見極め、発注数量は厳しくつけている」と、同ブランドを運営する黒石奈央子ビーストーンCEOは話す。しかし、展示会時点で全商品の先行受注を行うというわけでもない。「全部見せてしまうと、お客さまがシーズンに入る前に飽きてしまう」からだ。

 こうした緻密な組み立てにより、「アメリ」の最終消化率は2021-22年秋冬が約97%での着地だったといい、22年春夏も同様の進捗という。ただし、この数字は買いたくても買えないファンが相当数出ていることを表すものでもある。

 21年10月に会員向けサービス「Amate」を開始したのはそうした背景から。「Amate」は月会費1100円と2200円の2プランがあるが、それぞれの特典に一般発売の前日から商品を購入できる権利が含まれる。「注目度の高い商品は、会員の先行購入後、一般発売して1〜2分で売り切れるというケースも多い。会員の先行購入だけで売り切れることもある」という熱量だ。もちろん、在庫の持ち方についてはブランドや企業ごとにそれぞれ考え方があり、一概に何が正しいとは言い難いが、「アメリ」はこのスタイルを貫く。

この続きを読むには…
残り1494⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら