ファッション

「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」2015年春夏オートクチュール 10周年を祝う凛としたバンブードレス

 「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」は今年、ブランドスタートから10年目を迎える。ノーカーラジャケットにクロップド丈のワイドのパンツなど、アイテム自体は「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」でも度々登場するスタンダードかつ実用的なものが多いが、繊細な素材使いや装飾、わずかに体から離れてフォームを保つ絶妙なシルエットなど、明らかにプレタポルテとは異なるひとつ上の提案がそこにはある。

 ファーストルックは、ノーカラーのアイボリーのシルクのジャケットで、全体に墨絵のようなタッチで竹の絵がプリントされている。竹は今シーズンのキーモチーフで、繰り返し登場する。その表現の幅が実に広い。ほっそりとしたシルエットで表現する竹。淡いジェイドグリーンやゴールドで取り入れる竹の色彩。ジャカードやレースなど生地自体で表現する繊細な竹の質感。細長いビジューやスワロフスキーの刺繍など装飾で表現する竹モチーフなどアイデアは尽きない。柔道帯風ベルトやジャケットに施す繊細なピンタックもさりげなく縦のラインを強調する。後半のドレスのシーンは黒と青に染め、夜の竹林のイメージだ。

 竹から連想するのは透明感があり、凛としたしなやかな女性像。シャリ感と透明感のあるシルク素材を多用したこともその印象につながる。ドレスにはランニング風トップスを合わせるなど、オートクチュールと言えども現代には欠かせないスポーティーなイメージも押さえられている。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら