ファッション

「カルヴェン」2015年春夏パリメンズ 90年代スポーツウエアを彷彿とさせるアクティブなテーラード

 「カルヴェン(CARVEN)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、田舎の工業地帯で働く労働者のリアルな日常を描いたイギリス人映画監督のケン・ローチによる作品に着想を得て、テーラードスタイルを再構築した。かつてキュートな色使いやモチーフを身に着けていた「カルヴェン・マン」は、シーズンを重ねるごとに大人の階段を上ってゆく。今季は、アクティブなスポーツのムードを取り入れた新感覚のワークウエアで登場した。

 注目は、ハイネックのトップスやサイドのカラーライン、ファスナー使いなど、90年代のスポーツウエアを彷彿とさせるディテールだ。ジャージー素材で仕立てたセットアップには、ファスナーを首元まで沿わせたタートルネックトップスをコーディネート。ウエストをシャーリングさせて、裾口をリブで仕上げたスラックスも新鮮だ。コンパクトシルエットのジャケットとタイトな首元が、全体の印象をルーズにせず引き締めている。

 定番アイテムの一つであるミニマルな小襟のシャツはカラーブロッキングで表情を持たせ、リラックスシルエットのラグランスリーブに変更。モノトーンのモードなスタイリングに時折挟む蛍光オレンジも、スポーツウエアから着想したカラーコンビネーションだ。フォーマルでありながら心地良さやカジュアル感も取り入れたい現代人のためのワークスタイルを完成させた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら