ファッション

「ヴァレンティノ」2015年春夏パリメンズ 若さと着心地、そしてファンタジーの進化は止まず

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、メゾンが命題として取り組む「オートクチュールのクラフツマンシップを未来に」のメッセージがより一段と鮮明になった印象だ。これまでカモフラージュ柄、スタッズ、そしてデニムでメンズの刷新を印象付けてきたが、いよいよそれが広く浸透し、“第二段階”に突入したのだろうか?新たなシルエット、スタイル、そして、これまで以上のクチュリエとしてのプライドに溢れている。

 まずシルエットは、時代に呼応したドロップショルダー&オーバーサイズのアイテムがバリエーションを増している。布帛で作るTシャツを筆頭に、ムースのような素材によるフィールドジャケット、裾にドローストリングを加えたフーデッドパーカなど、すべてがユルいシルエット。クラフツマンシップを詰め込んで生み出しているからこそ、その“ユルさ”は“だらしなさ”にはつながらず、“若々しさ”をもたらす最大の要因となっている。着心地は、パジャマのようなシャツとパンツ、ジャケット、コートなどで提案。これまた“ユルい”アイテムだからこそ、エンジやネイビーなどの落ち着いたカラーパレットを基調とし、またクラシックな花柄などを散りばめることで大人っぽい雰囲気にまとめた。

 そしてクチュリエとしてのプライドは、半年前に発表した14年春夏オートクチュール・コレクションのキーモチーフとなった蝶々、そしてさまざまな動物。蝶々は太いベルトのトレンチコートに刺繍で描かれ、その他の動物はたとえばジャカード、たとえばレザーのカットワークで表現された。こうしたモチーフをのせたトレンチコートやスエードのブルゾンは、序盤のオーバーサイズと異なるジャストサイズ。たとえ時代が変わっても常に楽しむことができるよう、正々堂々のアイテムに自信満々にのせている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら