ファッション

「トム ブラウン ニューヨーク」2017年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

テーラードスタイルでサーフィンを楽しむ!?トム・ブラウンが考える夏のパラダイス

四角く囲まれた黒い砂浜には、漆黒の椰子の木が1本。まるでランウエイという海に囲まれた島のようだ。砂浜にはネオプレン素材のトロンプルイユのセットアップを着たモデルが椰子の木にもたれかかっている。ゆっくりと流れだした映画「ジョーズ」のテーマ曲とともに、サメの被り物をしたモデルがランウエイに登場。右へ左へ、ゆらゆらしながら四角い砂浜の周りを回り始めた。サメは回遊しながら、獲物を狙っているようだ。

サメの後に現れたのは、ネオプレンで作った超ビッグシルエットのチェスターコート風ウエットスーツを着たモデルたち。音楽がビーチサウンドに変わると、彼らはウエットスーツを脱ぎだし、オレンジやイエロー、グリーンなど、パステルカラーのジャケット姿に変身した。ジャケットを彩るのは、照りつけるような太陽やハイビスカスの刺繍や、サメやサーフボードのプリントだ。

ただ、このスーツはすべて、背中のファスナーで開閉する仕様。ラストではモデルが背中のファスナーをおろし、トリコロールカラーの水着姿に再度変身した。彼らは一度バックステージに戻り、サーフボードを抱えて再登場。ロングボードには水着同様のトリコロールがプリントされ、会場は一気にカラフルで華やかなムードに包まれた。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら