ファッション

ジュリアン・コロンビエが日本で7年ぶりの個展 「エンダースキーマ」のギャラリーで

エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は、“物々交換”をコンセプトとした東京・蔵前のギャラリー「隙間」の展示第8弾として、フランス人アーティストのジュリアン・コロンビエ(Julien Colombier)による「ホープパンク(Hopepunk)」を5月20〜28日に開催する。

同展は、コロンビエの日本では約7年ぶりとなる個展で、アイコニックな花をモチーフにした新作を発表する。日本で経験した出来事や生け花、日本と自身の関係性、それらがどのような影響を与えてきたかを探るように作った、挑戦的な作品だという。

1972年生まれのコロンビエは、フランス・パリを拠点に活動し、ブラックキャンバスにパステルやチョーク、アクリルを用いた絵画を描くことで知られる。幾何学的なモチーフや植物を緻密に描き、抽象的でグラフィカルな作風が特徴だ。「フェラガモ(FERRAGAMO)」の2022年春夏リゾートコレクションでコラボレーションアイテムを発表するなど、ファッションブランドやクリエイターとも積極的に協業している。

同氏は開催にあたって、「幼い頃より、日本への憧れはいつも私の記憶の中にあった。日本の文化は強いアイデンティティーがあり、着物から漫画まで、それはあらゆるものから受け取ることができる。日本の文化、芸術は、世界のクリエイターに影響を与えていることに疑いはない。現代のアーティストである私は、ずっと『日本』からインスピレーションを受け続けている。今回の展示によって、長い年月を経て、東京に戻ることができたことは喜ばしい事実だ。最後の日本での展示は2016年であり、それ以来、幸運にもカルチャーを発信する施設やメゾンブランドでの個展など、さまざまなプロジェクトに携わってきた。私は、これら全てから受け取った影響を作品の発展に還元し、みなさんにその成果を発表する」とコメントした。

■ジュリアン・コロンビエ「Hopepunk」
会期:5月20〜28日
場所:隙間
住所:東京都台東区蔵前3-11-2 1F
営業時間:12:00〜19:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。