ファッション

「オールモストブラック」ד花のピカソ”勅使河原蒼風のエキシビション開催 24年春夏も展示

「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」は、2023-24年秋冬と24年春夏コレクションの一部と、いけばな草月流の創始者である勅使河原蒼風の作品を展示するエキシビションを、東京・赤坂の草月会館イサムノグチ石庭“天国”で5月24〜29日に開催する。

“花のピカソ”と言われる勅使河原蒼風(1900-1979)は、樹塊を用いた巨大な作品や、花を使わない立体作品、コラージュ絵画などの多くの作品を通じて数々の斬新な表現を生み出した。サルバドール・ダリ(Salvador Dali)やジョアン・ミロ(Joan Miro)、イサム・ノグチ、オノ・ヨーコ、丹下健三、土門拳、石元泰博ら、ジャンルを超えて交流を深めたことでも知られる。「オールモストブラック」は、同氏をテーマにしたコレクションを23-24年秋冬と24年春夏シーズンに制作しており、今回のエキシビション開催に至った。

中嶋峻太「オールモストブラック」デザイナーは、「私たちのブランドは2シーズンを通して同じアーティストをテーマにコレクションを発表している。今回のエキシビションでは、草月流の本社でもある草月会館にて、勅使河原蒼風氏と昔から親交があり、 2020年春夏シーズンに私たちとコラボレーションしたイサム・ノグチ氏デザインの石庭“天国” にて、蒼風氏の作品と共に展示する。アーティストの作品と共にエキシビションを開催する機会はとても貴重であり、私たちの夢でもあった。素晴らしい空間で、ぜひみなさまに見ていただきたい」とコメントした。

■SOFU TESHIGAHARA ALMOSTBLACK EXHIBITION
日程:5月24〜29日
会場:草月会館 イサムノグチ石庭 “天国”
住所:東京都港区赤坂7-2-2
時間:10:00〜17:00
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。