ファッション

【スナップ】永野芽郁や坂口健太郎、NCTジェヒョンらが来場 「プラダ モード」に3000人のゲスト

プラダ(PRADA)」は、現代文化をテーマにした巡回型イベント「プラダ モード(Prada Mode)」の第9弾を5月12、13日に東京都庭園美術館で開催した。日本初上陸となった同イベントは、2018年12月に行った「プラダ モード マイアミ」を皮切りに、これまで香港、ロンドン、パリ、上海、モスクワ、ロサンゼルス、ドバイで開催してきた。

第9弾は「プラダ」と長年コラボレーションをしている庭園美術館館長で建築家の妹島和世が監修し、トークイベントやワークショップ、茶道体験、音楽ライブ、アフターパーティーなど、さまざまなアクティビティを開催。3000人以上のゲストが来場した。

セレブリティも数多く来場し、「プラダ」アンバサダーの永野芽郁や坂口健太郎、NCT 127のジェヒョンのほか、吉岡里帆、江口洋介、松本まりか、トリンドル玲奈、町田啓太、森星、三吉彩花、松井愛莉、滝沢眞規子、久間田琳加らが会場に訪れ、各イベントを楽しんだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。