ファッション

八芳園が観光産業の活性化を目指す新会社 全国自治体と連携し魅力を発信

婚礼やイベントなどを手掛ける東京・白金台の八芳園(東京都港区白金台1丁目1-1)はこのほど、観光産業への貢献を目的とした新たな事業戦略を発表した。

同社は新会社を2023年秋に設立し、“交流文化創造”を戦略の軸に掲げる。“交流文化創造”とは、文化や芸術、産業やビジネス、言語や教育などあらゆる分野との“交流を創造”するための取り組み。新会社では全国各地の自治体と連携しながら、八芳園が培ってきた、打ち合わせから当日までをワンストップでプロデュースする企画力とプロデュース力を生かし、各地の食材を使った料理の開発・提案や、特産品など魅力を発信。地域活性化と観光産業の発展を目指す。

八芳園はこれまでも地域活性化を目指す取り組みを行っており、現在11の自治体・学校と連携協定およびパートナーシップ協定を締結している。2020年8月には、東京・白金台にポップアップ型ショールーム「ムスブ(MuSuBu)」をオープンし、全国各地の自治体や生産者、企業や学校と共に100以上のポップアップを週替わりで開催。人や食を通じて、各地の魅力をPRしてきた。

井上義則取締役社長は、「世界の市場が自己実現的消費へと向かいつつあると感じる。自己実現欲求を満たすためには、感性や美意識が重要。八芳園は“観光”の定義を再認識し、2025年をターゲットイヤーに定めて、皆さんと新しい市場を作っていきたい」とコメントした。

また、創業80周年の節目にコーポレートロゴも一新した。新ロゴのコンセプトは、“「新たな道」を開く”。歴史と継承を基盤に成長していきたいという思いから、現在のロゴモチーフに“無限の進化”というコンセプトを加えて作成した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。