ファッション

ユニクロ4月度は1.7%増 月後半の気温低下で客数は5.4%減

 専門店チェーン、セレクトショップの2023年4月度売上高(既存店ベース)は、月前半が高気温で推移したことで、春物が動いたという声が目立った。

 国内ユニクロは前年同期比1.7%増。昨年4月が同15.8%増と大きく伸ばしていたこともあり、やや抑えめ。客数は同5.4%だった。「月後半に気温が下がり、客数に影響した。売れたのはタックワイドパンツやカーゴパンツ、ラウンドミニショルダーバッグなどの春夏の新作など」(広報担当者)。

 しまむらの「ファッションセンターしまむら」は同3.4%増。同社は3月21日〜4月20日の集計であり、3月下旬が暖かかったことで「婦人・紳士の初夏、夏物のアウター衣料や服飾雑貨が売り上げを伸ばした」(発表資料から)。

 良品計画の「無印良品」は同14.2%減と苦戦。先月は30%以上の大幅増だった衣服・雑貨カテゴリーも同4.4%減と再び前年実績割れとなった。前年4月に実施していた「無印良品週間」を3月に前倒ししていた影響が大きいという。

 アダストリアは同14.8%増。「気温上昇と共に春夏商品の販売が好調、大型連休に向けた外出需要増も寄与した」(発表資料から)。また、昨年は3月中に実施したポイント還元キャンペーンを月初〜10日まで行った効果も大きい。

 ユナイテッドアローズは同10.9%増だった。「気温上昇と共に春物や初夏物が動いた。ジャケット、スーツなどのビジネスアイテムに加え、カジュアルアイテムも動いた」(発表資料から)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。