コレクション

「ヨシオ クボ」2016-17年秋冬東京コレクション

REPORT

カルチャーの新たなる発信源となるか?独特のバランス感覚で見せるミクスチャースタイル
ストロボがたかれる暗闇の中、アンビエントな曲に合わせて始まった。ファーストルックは、ド派手なジャカード織りの野良着を無数のフリンジで装飾する。インナーにはミリタリー調のキルティングジャケットを合わせ、ハイ&ローテク素材を織り交ぜコーディネート。半分がテーラード、残りの半分がエスニック調のアシンメトリーなベストや、エスニック風に味付けされた飾緒(モール)を付けたミリタリージャケットなど、ともすればチグハグになる異素材とディテールを独特のバランス感覚で一つのアイテムにまとめあげた。ハトメやスタッズなど、インダストリアルなパーツ使いも目立つ。

 モデルには白人と黒人を起用し、パンキッシュともエスニックとも読み取れるモヒカンヘア。ビジューや刺しゅうなどをとことん施した重厚感のあるトップスにショーツと「HEAVY」と書かれたハイソックス、足元にはスケートシューズを合わせるなど、コントラストも利かせる。

 後半は、星条旗のようなモノトーンの星柄プリントトップスが登場。エスニック、ミリタリー、ストリートなど多種多様なスタイルが混在する東京の“今”を「ヨシオ クボ」流に表現。ラストはピクシーズのロックな音楽に乗せて、エネルギーに満ちたコレクションを披露した。

LOOK

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016-17年秋冬特集 東京ファッション・ウイークを120%楽しもう!" href="http://www.wwdjapan.com/focus/special/201617fw/13926" img="http://www.wwdjapan.com/focus/wp-content/uploads/sites/4/2016/03/header.png"][/rel]