ファッション

豊田貿易が伊アウターウエア「クリスジョイ」の国内総代理店に

 豊田貿易は、イタリア発のアウターウエアブランド「クリスジョイ(KHRISJOY)」と日本における総代理店契約を結んだ。2023年秋冬シーズンから扱い、百貨店や専門店、セレクトショップなどの販路開拓を目指す。これに伴い、バイヤー向けの展示会を2月10日まで開催中だ。

 同ブランドは、英「ヴォーグ(VOGUE)」などで活動した元スタイリストのマルツィア・ベロッティ (Marzia Bellotti)と、イタリア・ミラノのショップ「アントニア(ANTONIA)」の創設者マウリツィオ・プリフィカート(Maurizio Purificato)が2017年に設立した。イタリア製の生地とパーツをベースに、ボリューミーなシルエットと快活な色と柄に落とし込んだダウンウエアを提案している。これまでに「ケンゾー(KENZO)」「ベイピー バイ ア ベイシング エイプ®(BAPY BY A BATHING APE® )」などともコラボしてきた。21年には、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の会長兼CEOであるラシード・モハメド・ラシード(Rachid Mohamed Rachid)が創業したスイスの投資企業アルサラ・インベストメント・グループ(ALSARA INVESTMENT GROUP)の傘下に入った。

 ファーストデリバリーとなる23年秋冬シーズンは、ロゴテープと袖口のファスナーが目を引くアイコンジャケット(31万9000円税込、以下同)をはじめ、イエローカラーのハイネックジャケット(25万3000円)やバンダナ柄のダウンベスト(26万40000円)などをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。