ビジネス

「ストーンアイランド」ベネチアと東京に新店舗をオープン

 イタリアのメンズブランド「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」は2018年6月までにベネチアに店舗をオープンする。また、東京への出店を目指しており、出店地を探していることを親会社であるスポーツウェア カンパニー(SPORTSWEAR CO.,)のカルロ・リベッティ(Carlo Rivetti)社長が明かした。日本で輸入販売を行う豊田貿易によると、来春を目途に表参道エリアに出店予定だという。

 同ブランドは現時点で世界中に20店舗を有し、11月初めにはロサンゼルスに約500平方メートルの店舗をオープンしたばかりだ。アメリカでの売り上げはブランド全体の3%程度だというが、好調に成長しており、現在は全米約90店舗ほどへの卸売りにもさらに力を入れていく。

 リベッティ社長によると、17年12月期決算は売上高が前期比36%増の1億4700万ユーロ(約195億円)になる予定で、18年も引き続き成長する見込みだという。

 豊田貿易によると、日本でも売上高が昨年同期比20%増と好調で、アウターを筆頭にニットやパンツが売れているという。また、ロゴの認知度が向上し、「シュプリーム(SUPREME)」とのコラボをきっかけにストリート系の店にも卸先が広がっているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。