ファッション

「ルイ・ヴィトン」が初のベビー向けコレクションを発売 ウエアからテディベア、シルバー製品までをラインアップ

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は1月25日、ブランド初のベビー向けコレクションを発表した。3月3日に世界各国の一部店舗で発売する。

 ラインアップは、ロンパースやトップスとボトムスのセットアップ、ダブルフェースのフード付きコートなどのウエアをはじめ、レザーシューズや靴下、ニット帽やミトンのセットから、ビブ(よだれ掛け)、ブランケット、テディベア、小さなワードローブトランク、ポーチ、カップや乳歯ケースなどのシルバー製品まで多彩。ウエアは、生後12カ月向けサイズまでを用意する。価格は、カシミア製のロンパースが800ユーロ(約11万円)、シューズは320ユーロ(約4万4000円)、テディベアは850ユーロ(約11万7000円)、シルバー製のカップが700ユーロ(約9万6000円)など。

 素材は、オーガニックコットンや、アニマルウェルフェアを保証するパートナーから調達したカシミアとウール、レザーワーキンググループ認定のレザーを使用。ピンクやブルー、グレー、イエロー、白といった淡い色使いと、モノグラムのパターンやモチーフを取り入れたデザインが特徴的。ギフト需要でも人気を集めそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。