ファッション

小松マテーレが機能満載可能な「形状記憶」素材

 素材大手の小松マテーレは新タイプの「形状記憶素材」を開発した。特殊なポリエステル・ナイロン繊維を高密度で織り上げる「形状記憶素材」は独特のタッチや風合いが特徴で、同社は「テクノビンテージ」というシリーズ名で展開していた。新タイプはポリエステルを100%使うことで、これまでは難しかった撥水や吸水速乾、防汚などの機能加工を付与しやすくなるという。新タイプは「テクノビンテージ KK」という名称で、2023年1月から国内の服地卸やアパレル向けに販売する。テキスタイルは12月15日まで東京・原宿のウィズ原宿ホールで開催中の展示会「小松マテーレ東京総合展〜鰤起し〜」で展示している。販売計画は初年度が1億円(10万m)、3年後に5億円(25万m)を計画する。

 総合展ではほかに、高強度ナイロン「コーデュラ」を使った同社独自の超圧縮テキスタイル「コンブ(KONBU)」や、ラミネート加工するポリウレタンフィルムに銅を練り込むことで、経年変化やユーズド感を楽しめるスポーツ素材という新感覚の「ブロンズ(BronSe)」などの新素材を展示している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。