ファッション

「シャネル」の日本初ウオッチ&ファインジュエリーの旗艦店が東京・銀座にオープン 世界で1点55.5カラットのダイヤモンドネックレスは必見

 「シャネル(CHANEL)」は10月14日、東京・銀座並木通りにウオッチとファインジュエリーの旗艦店をオープンした。3層約227平方メートルの同店舗では、ファインジュエリー、ハイジュエリー、ウオッチ、ブライダルジュエリーを販売。オープンを記念して、10月末まで「シャネル No5」にオマージュを寄せた55.5カラットのダイヤモンドネックレスを展示する。

 店舗の設計は、パリ・ヴァンドーム広場18番地のリニューアルした旗艦店同様、建築家のピーター・マリノ(Peter Marino)が担当した。ファサードは、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel以下、シャネル)が愛したコロマンデル(屏風)を想起させるファサードで、エントランスがアシンメトリーに構成されているところも、「シャネル」らしい独自の美意識がうかがえる。ラグジュアリー・ブランドが軒を連ねる並木通りは、エントランスに規定があるらしく、アシンメトリーなものは珍しい。

 店舗に一歩足を踏み入れると、白、黒、ベージュ、ゴールドを基調にした空間が広がり、高い天井には、金細工のアトリエであるゴッサンス製のシャンデリアが飾られている。和の要素を取り入れ、職人が何層も塗り重ねた漆喰の壁は控えめでありながら、何とも言えない微光を放つムーンゴールドカラー。リネンに金箔をあしらったアートとブラックのラッカーパネルを組み合わせたY.Z.カミによるスクリーンも見どころだ。階段の奥にもファインジュエリーやウオッチが紹介されており、エレベーターまたは階段で上階へ。階段は天井までミラーが施されており、まるで、パリのシャネルのアパルトマンのようだ。

 ラグジュアリー・ブランドのブティックは幾つも見ているが、一つ一つ織りの異なるカーペットや壁などこれほどテクスチャーにこだわった店舗はない。細部までこだわり尽くしたぜいたく極まりない宝石箱のようなブティックだ。

パリのアパルトマンのように親密なVIPサロン

 2階はハイジュエリーと高級ウオッチ、VIPサロンから構成されている。ハイジュエリーエリアのショーケースには、「シャネル No.5」にオマージュを寄せた55.5カラットのダイヤモンドを使用したネックレスを展示。キューバ出身のアーティストであるヨアン・カポーティによる海を表現した作品「Untitled」などが展示されている。高級ウオッチのエリアにはソファが置かれ、ゆったりと商品を見られるようになっている。その奥がVIPサロン。あえて間口を狭くしているのでプライベート感たっぷりで、思わずくつろいでしまう空間になっている。ゴッサンス製にシャンデリアやマリノによって選りすぐられたアート作品および、1800年初頭のアンティークデスクなどが置かれたパリのアパルトマンにいるかのような落ち着いた雰囲気だ。その中央には、大きなスクリーンがあり、パリ・ヴァンドーム広場のアトリエとオンラインでつなぎプライベートセッションも可能だ。

世界初のメンズウオッチのエリアと広々としたブライダルサロン

 3階は、世界初のメンズウオッチのコーナーとブライダルサロンになっている。

 落ち着いたトーンが基調のメンズコーナーには、彫刻家のイングリット・ドナによる本棚をバックにウオッチの数々を展示。マリノが選んだアーティストのモダンで遊び心あふれる作品が置かれた空間だ。

 奥のブライダルサロンには京都の西陣織「細尾」による壁紙が、敢えて裏側を表にして施され、柔らかな雰囲気を醸し出している。「シャネル」のブライダルコレクションが集結しており、ラグジュアリーな空間で、さまざまな商品を試せるようになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。