ファッション

デザイナーの三宅一生が死去 84歳

 イッセイ ミヤケグループ創設者の三宅一生氏が5日、がんのため死去した。84歳だった。故人の遺志で葬儀はすでに執り行い、告別式やお別れ会は実施しないという。

 三宅氏は1938年生まれ、広島出身。多摩美術大学を卒業後、65年に渡仏しオートクチュールの技術などを4年間学んだ。69年に渡米後はプレタポルテの経験を積み、70年に帰国して三宅デザイン事務所を設立した。翌年にブランド「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」を立ち上げ、73年にはパリ・ファッション・ウイークに参加。日本のデザイナーズブランドの海外市場開拓に貢献した。

 三宅氏はパリコレに初参加した際から“一枚の布”という考えのもと、産地や企業との協働により一本の糸から研究開発を行い、独自素材や技術でもの作りを行い続けた。93年には“プリーツ プリーズ(PLEATS PLEASE)”を、98年には“エイポック(A-POC)”を発表。日本の伝統技術を生かしたもの作りは、国内外のファッション界に大きな影響を与えた。2010年には文化勲章を受章。イッセイ ミヤケグループの各ブランドは後任に引き継いだものの、“生涯現役”として現場をサポートしていた。

 同社は「三宅は1970年に三宅デザイン事務所を設立し、生涯にわたり現役として衣服デザインの研究開発に取り組み、デザイン文化の発展に貢献し続けて参りました。その精神は次世代に受け継がれています。これまでのご厚誼に、グループ一同、心より御礼を申しあげます」とコメントした。