ファッション

「マッキントッシュ」が日本の「バトナー」と初コラボ カシミヤを使ったニットやコートなど

 「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」は、日本のニットブランド「バトナー(BATONER)」との初のコラボレーションアイテムを両ブランドの直営店で9月9日に発売する。

 アイテムは、アウター2型とニット4型を用意。アウターはウィメンズのフーデッドコート“KILSYTH”(税込25万800円)とメンズのステンカラーコート“DUNKELD”(同21万7800円)、ニットはウィメンズのタートルネック(同5万3900円)、ウィメンズのクルーネック(同8万6900円)、メンズのタートルネック(同9万7900円)、メンズのドライバーズニット(同10万7800円)などをラインアップする。

 コートには取り外し可能なカシミヤのライナーが付属し、ノースリーブのジレとして単独で着用することもできる。クルーネックとドライバーズニットでは「バトナー」定番の畦編みでしっかり目を詰めて編み上げ、カシミヤの肌触りを楽しめるように仕上げた。タートルネックでは、凹凸感とふわふわとした素材感の毛足の長いカシミアフォックスを使用した。

 「バトナー」は山形県寒河江市に拠点を構える日本のニットメーカー、奥山メリヤスが手がけるブランド。1951年に創業した同社の技術や伝統を、次世代に継承することを目的に2013年に誕生した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。