ファッション

八木通商が「ケーウェイ」を輸入販売 フランスのレインウエアの代名詞

 八木通商はフランスのアウターウエアブランド「ケーウェイ(K-WAY)」を輸入販売する。2022-23年秋冬シーズンからで、運営は子会社のスープリームス インコーポレーテッドが行う。

 「ケーウェイ」は1965年にレオン・クロード・デュアメル(Leon- Claud Duhamel)が、レインウエアで創業。撥水性が高く、軽量でパッカブルな同アイテムは、フランスではレインウエアの代名詞として使われるほど、生活に浸透しているという。2004年に「カッパ(KAPPA)」や「スペルガ(SUPEPGA)」などを傘下に収めるベーシックネット(BASIC NET)が買収。パッカブルでベーシックなレインウエア3型(1万9000〜2万3000円)を軸に、アウターを中心としたファッション性のあるウエアを展開する。現在、直営店がフランスで28店、イタリアで29店あるほか、その他の欧州やアジアで販売。北米とアジアでの拡大を計画しており、日本では八木通商と提携した。

 トップラインの「ケーウェイ R&D」は、毎年1月にミラノで、6月にパリでコレクションを発表しており、実験的でデザイン性の高いウエアを提案。これとは別に、中綿のアウターやプリントレインウエアなど、機能的でユニセックスなライン“ル ヴレイ”、ダウンコートや上下のスエット、ニットなど、都会的でカジュアルな“クラシック”、機能素材を用い、スキーウエアなども展開する“アクション”の3ラインを展開する。メンズ、ウィメンズ、ユニセックスを等しくそろえており、価格帯はアウターで約2万〜12万円。キッズやバッグなどもある。これまで、「フェンディ(FENDI)」や「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」、「コム デ ギャルソン プレイ(COMME DES GARCONS PLAY)」などとコラボもしている。

 「日本ではそれほど知名度がないが、バイヤーは皆知っているブランド。ベーシックでタイムレスなアイテムが多く、幅広い層にアプローチできる。別注やコラボにも対応しやすい」とスープリームス インコーポレーテッドの橋本芳樹代表取締役常務。売上高目標は5年後に上代で年間30億円。今夏、渋谷・明治通りに路面店を開く。

 八木通商はこれまでも「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」や「モンクレール(MONCLER)」「バブアー(BARBOUR)」「アレクサンドル ドゥ パリ(ALEXANDRE DE PARIS)」など、歴史のあるヘリテージブランドを同社ならではのマーケティング手法で成長させてきた。「まずはロゴとブランドの認知度を上げていくことが大事」と八木通商の八木洋三常務取締役。「その上で、ファッションよりで、アッパーなポジションへと引き上げていきたい。本国と一緒に商品開発もしていく」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。