ファッション

八木通商が「ケーウェイ」を輸入販売 フランスのレインウエアの代名詞

 八木通商はフランスのアウターウエアブランド「ケーウェイ(K-WAY)」を輸入販売する。2022-23年秋冬シーズンからで、運営は子会社のスープリームス インコーポレーテッドが行う。

 「ケーウェイ」は1965年にレオン・クロード・デュアメル(Leon- Claud Duhamel)が、レインウエアで創業。撥水性が高く、軽量でパッカブルな同アイテムは、フランスではレインウエアの代名詞として使われるほど、生活に浸透しているという。2004年に「カッパ(KAPPA)」や「スペルガ(SUPEPGA)」などを傘下に収めるベーシックネット(BASIC NET)が買収。パッカブルでベーシックなレインウエア3型(1万9000〜2万3000円)を軸に、アウターを中心としたファッション性のあるウエアを展開する。現在、直営店がフランスで28店、イタリアで29店あるほか、その他の欧州やアジアで販売。北米とアジアでの拡大を計画しており、日本では八木通商と提携した。

 トップラインの「ケーウェイ R&D」は、毎年1月にミラノで、6月にパリでコレクションを発表しており、実験的でデザイン性の高いウエアを提案。これとは別に、中綿のアウターやプリントレインウエアなど、機能的でユニセックスなライン“ル ヴレイ”、ダウンコートや上下のスエット、ニットなど、都会的でカジュアルな“クラシック”、機能素材を用い、スキーウエアなども展開する“アクション”の3ラインを展開する。メンズ、ウィメンズ、ユニセックスを等しくそろえており、価格帯はアウターで約2万〜12万円。キッズやバッグなどもある。これまで、「フェンディ(FENDI)」や「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」、「コム デ ギャルソン プレイ(COMME DES GARCONS PLAY)」などとコラボもしている。

 「日本ではそれほど知名度がないが、バイヤーは皆知っているブランド。ベーシックでタイムレスなアイテムが多く、幅広い層にアプローチできる。別注やコラボにも対応しやすい」とスープリームス インコーポレーテッドの橋本芳樹代表取締役常務。売上高目標は5年後に上代で年間30億円。今夏、渋谷・明治通りに路面店を開く。

 八木通商はこれまでも「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」や「モンクレール(MONCLER)」「バブアー(BARBOUR)」「アレクサンドル ドゥ パリ(ALEXANDRE DE PARIS)」など、歴史のあるヘリテージブランドを同社ならではのマーケティング手法で成長させてきた。「まずはロゴとブランドの認知度を上げていくことが大事」と八木通商の八木洋三常務取締役。「その上で、ファッションよりで、アッパーなポジションへと引き上げていきたい。本国と一緒に商品開発もしていく」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら