ビジネス

J.フロントが人材派遣の子会社を譲渡 百貨店事業再編でニーズ低下

 J.フロント リテイリングは6日、人材サービスの事業子会社ディンプル(大阪市、木下充男社長)を売却すると発表した。2月28日付で保有株式のおよそ9割を総合人材派遣のワールドホールディングス(福岡、伊井田栄吉社長)に譲渡する。

 ディンプルは旧大丸時代の1991年、同社の関連会社として創業。社内外に人材派遣事業を展開してきた。だがJ.フロントグループの定期賃貸借契約の拡大に伴う自前売り場の圧縮方針に加え、新型コロナ禍以降は売り場における人材ニーズが低下しており、事業再編を決めた。

 J.フロントはディンプル社との資本関係解消後も、人材分野における取引を当面継続するとしている。ワールドHDは研究開発から製造、物流、販売まで、モノ作りに関わる人材を幅広く提供する総合派遣サービスを展開する。J.フロントは、ディンプル社がそのノウハウやネットワークを活用することで、「さらなる事業成長、経営基盤の強化が図られる」とみる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。