ファッション

「ロエベ」が映画「千と千尋の神隠し」とのコラボコレクション発売 原宿に世界観を再現した限定店

 「ロエベ(LOEWE)」は、スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」とコラボレーションしたカプセルコレクションを1月7日に発売する。全国の店舗と公式オンラインストアのほか、東京・原宿に1月7~16日の10日間限定でオープンする完全予約制のポップアップストア、阪急うめだ本店に5日間限定でオープンするポップアップストアでも取り扱う。

 「ロエベ」とスタジオジブリのコラボは、2021年1月に発売した映画「となりのトトロ」とのカプセルコレクション以来2度目。今回は主人公の千尋をはじめ、ハクや湯婆婆、カオナシといった主要キャラクターと美しい自然背景にフィーチャーし、ジャカードやプリント、刺しゅうなどの多種多様な手法で「ロエベ」のアイテムに落とし込んだ。アイテムは“パズル バッグ”や“ハンモック バッグ”といったアイコンバッグから、レザー小物、オーバーサイズのジャンパー、フード付きスエットシャツ、パッチワークシャツ、Tシャツ、ブランケット、スカーフまで100種類以上にのぼる。ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)=「ロエベ」クリエイティブ・ディレクターは「スタジオジブリは、ストーリーを生み出す力と、それを形にするための労を惜しまない手作業へのこだわりを持っている。クラフトの可能性を信じる心は、『ロエベ』も大切に育んできたもの。そこに私たちのつながりがあり、カプセルコレクションの第2弾を発表することになった。『千と千尋の神隠し』は、逆境に面した際の忠誠心や友情、そして頑なさへの讃歌であり、ある種の魔法のような力を持った作品だ」とコメントを寄せている。

 発売に先駆け、6日にはポップアップストアを開催する「アンノン原宿」で関係者を招いた内覧会を行った。「アンノン原宿」は古⺠家をリノベーションしたイベントスペースで、会場外には作中の油屋を思わせる赤い提灯が掲揚。屋内では油屋の前に架る赤い橋とオオトリさまが来訪者を出迎え、カプセルコレクションやスタジオジブリから提供された展示物が並ぶ。さらに、天井には無数の人形(ひとがた)が舞い、海原電鉄の座席をモチーフとしたフォトスポットも設けるなど、映画の世界観に浸りながら買い物が楽しめる空間だ。内覧会には多くの著名人も訪れ、女優の夏木マリは銭婆のオーバーサイズTシャツを、モデルのモトーラ世理奈は千尋のロングスリーブTシャツを、俳優の桜田通はカオナシのオーバーサイズシャツを着用していた。

 なお本コレクションの購入者には、湯札がモチーフのスクラッチカードを配布し、抽選でスタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫が描き下ろしたカオナシのTシャツがプレゼントされる。

■「ロエベ」×「千と千尋の神隠し」ポップアップストア
会期:1月7日~16日
場所:「アンノン原宿」
住所:東京都渋谷区神宮前6-5-10

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら