ファッション

「ロエベ」が開く新章の扉 豊富なバッグやバラ&せっけん型ヒールのパンプスなど2022年春夏注目アクセを紹介

 「ロエベ(LOEWE)」は、2022年春夏コレクションの展示会をパリで開催した。クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)は今季、ルネサンス期の画家ヤコポ・ダ・ポントルモ(Jacopo da Pontormo)の作品から着想を得た。ポントルモは調和・均衡・安定を重んじる規範的理想美に対する反発から、誇張された遠近法や反自然主義的な色調、不自然な明暗のコントラストなどを特色とした美術様式“マニエリスム”を開拓した人物だ。ポントルモは16世紀のイタリアでペストが流行したため都会を離れ、修道院で暮らした2年間でこの美術様式を生み出したとされている。今シーズンを「新章への扉を開く出発点」と表現したアンダーソンは、ファッションの世界での“マニエリスム”のような新しい表現を探求しているようだ。

 ショーピースの服は創造性重視の非日常的な作品だが、アクセサリーは実用性の高いアイテムが多かった。バッグでは人気の“ハンモック”に新たな仲間“ハンモック ナゲット”が加わった。軽量で柔らかいナッパレザーを使用し、マチの部分を中に折り込むか広げるかの2通りで使えて、ショルダーストラップが付く。“ゴヤ”バッグにもロングクラッチのタイプが加わり、レザーかテディベア生地、ショルダーストラップはメタルかレザーかを選べる。ジュエリーは、ドレープを入れたようなスターリングシルバーのブレスレットとピアスがそろった。ウエアで目を引いたのは、ドレスやコートに組み込まれたゆがんだメタル。これらは10キロ以上する重さで、商品化の際はレザーなどに変更して販売する。ヒールをプラスチックのせっけんやキャンドル、マニキュア、つぶれた卵、造花のバラで装飾したシューズはこのまま商品化するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら