ファッション

「マーク ジェイコブス」が伝説のバッグ“クラシック Q”を復刻 編集者・都築響一の「着倒れ方丈記」とのコラボビジュアル公開

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」は、2007年にデビューし今年で誕生15周年を迎える“クラシック Q(CLASSIC Q)”を復刻する。また、今回の復刻に際して、編集者・都築響一の「着倒れ方丈記 HAPPY VICTIMS」とコラボレーションしたグローバルキャンペーンのビジュアル撮影を日本で実施。ビジュアルには、モデルの高橋愛やクリス–ウェブ佳子、義足モデルの海音ら、ブランドのファンが登場した。

 今回発売するのは“リ エディション カーリー バッグ(RE-EDITION KARLIE BAG)”(4万4000円、税込以下同)、“リ エディション ナターシャ バッグ(RE-EDITION NATASHA BAG)”(5万6100円)、“リ エディション ザ リル ユキータ(RE-EDITION LIL UKITA BAG)”(7万8100円)、“リ エディション ヒリアー ホーボー バッグ(RE-EDITION HILLIER HOBO BAG)”(7万4800円)の4型。全国のマーク ジェイコブス ストアと公式オンラインストアで取り扱い中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら