ファッション

ティファニーが歴史的に過小評価されてきたコミュニティを支援する「ティファニー アトリウム」を始動

 ティファニー(TIFFANY & CO.)は、これまで歴史的に過小評価されてきたコミュニティーを支援するソーシャル インパクト プラットフォーム「ティファニー アトリウム(Tiffany Atrium)」の導入を発表した。

 同プラットフォームは、“クリエイティビティー”“教育”“コミュニティー”の3つを柱に、“コミットメント”“リーダーシップ”“学習”を通じて、より多様性に満ちた包括的なジュエリー業界の創造を目的とする。プラットフォーム名の“アトリウム”は、“建物の中心となる空間”を意味し、「ティファニー」のアイコンコレクション“リターン トゥ ティファニー(Return to Tiffany)”のハート タグ ネックレスの“ハート(心)”にもインスパイアされている。

 また、「ティファニー アトリウム」の発表を記念して、同プラットフォームのコミュニティー構築にも関わる、米ビジュアルアーティストのデリック・アダムス(Derrick Adams)とコラボレーションを実施。「I Shine, You Shine, We Shine」と題したオリジナルのアートワークを制作し、「ティファニー アトリウム」のロゴなどに用いている。アートワークは、世界最大のオンラインアートマーケットプレイス「アーツィ(Artsy)」のオークションに7月27日~8月10日(ニューヨーク時間)に出品し、その収益を黒人アーティストや文化従事者をサポートする団体「ザ ラスト リゾート アーティスト リトリート(The Last Resort Artist Retreat)」に寄付する。

 ほかにも“教育”の支援として、ティファニーの施設で実習を受けるプログラムや、歴史的黒人大学(HBCUs)の学生のための奨学金支援、パートナーシップなどを実施する。“コミュニティー”では、フリーアーツ(Free Arts)やアリ・フォーニーセンター(Ali Forney Center)、ローワーイーストサイド ガールズ クラブ(Lower East Side Girld Club)などの非営利団体と、年間を通じたパートナーシップを予定している。

 アンソニー・ルドリュ(Anthony Ledru)=ティファニーCEOは、「『ティファニー アトリウム』は、多様性や公平性、包括性の世界を巡る、私たちの絶え間ない旅の中心となるハブを生み出すものだ。ティファニーは、世界にポジティブな変化を引き起こす責任を担っている。このプラットフォームの導入によって、そのプロセスを効率的かつ段階的に進めていくことが可能になる」と語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら