ビューティ

ヘアカラーが差別化の武器になる【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週はあらゆる世代でトレンドの軸となりつつあるヘアカラーの話。(この記事はWWDジャパン2022年7月25日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
絵の具感覚で狙った色みを表現 新ヘアカラーブランド「エノグ」
「#白髪ぼかし」がバズり 客単価5000円アップ

 若年層と大人女性の双方にとってヘアカラーがトレンドの軸となっていることに注目している。昨今は、ショートやボブといった“髪型でトレンドを創る”というよりも、インナーカラーやハイトーンカラーといった“カラーでトレンドを創る”という傾向が顕著だ。特にインナーカラーは10代後半から40代まで、年齢を問わず幅広い世代に受け入れられつつあるトレンドで、これまでにはあまり見られなかった。

 ホットペッパービューティーアカデミーが毎年実施している「美容センサス2022年上期〈美容室・理容室編〉」を見てみると、サロンでのカラー利用率は2016年以降右肩上がりに伸びており、22年はカラー利用率が53.7%にまで上る。これと同じ動きをしているのが、1回当たりの利用金額だ。カラー利用率と同様に16年から右肩上がりに伸長し、コロナ禍でも落ち込むことなく22年には7345円と過去最高金額となった。ヘアカラー利用率が上がったことが、ヘアサロンの売り上げアップに大きく貢献していると考えられる。

各年代で高付加価値カラーの需要が高まり単価もアップ

 ヘアカラー利用率が上昇している背景としては、若年層のハイトーンカラーブームと、大人女性におけるファッションカラーの一般化があると見ている。まずは若年層の動向に注目したい。前述の調査でヘアカラーの施術内容を聞いたところ、10代後半(15〜19歳)のカラー利用者のうち、4割がブリーチを利用していることが分かった。十数年前だとダメージや髪がかなり明るくなることからブリーチはあまり受け入れられなかったが、最近は一部の美容意識の高い層だけでなく、一般的なおしゃれとして気軽に取り入れられている。これは薬剤の進化に加えて、消費者の価値意識の変化が要因として考えられる。「美容センサス2021年下期〈美容意識・購買行動編〉」で「Z世代が美容に対してお金や時間をかけたい理由」を聞いたところ、コロナ前後で意識が大きく変化していることが明らかになった。異性や周りの目線を気にかけるよりも、「自分のためにきれいになりたい」「自分に自信を持ちたい」といった自分のやりたいことを美容で実現するというモチベーションが高まっているのだ。こういったことからハイトーンカラーは人気を集めている。またサロン利用金額を21年と22年で比較すると、ほかの年代に比べてブリーチ比率の高い10代後半と20代が最も増加している。サロンでしかできない高付加価値カラーの流行が、1回当たりの単価アップに貢献していると言えるだろう。

この続きを読むには…
残り849⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら