ファッション

梅雨明け以降、一気に夏物動く 専門店2022年6月度

 専門店チェーン、セレクトショップの2022年6月度売上高(既存店ベース)は、月初の梅雨寒で各社売り上げを落としたものの、関東甲信地域で梅雨明けが宣言された27日前後以降は好調という声が中心となった。前年実績を割り込んでいるユニクロやしまむらも、実質的な内容は悪くないという。

 ユニクロの国内店舗とECの売上高は、前年同月比10.2%減だった。ただし、「前年は6月に開催していた感謝祭を5月に前倒しした影響が大きく、5、6月の累計では前年実績を上回っている」(広報担当者)。梅雨明け宣言の前後から「一気に客数も伸びた」といい、メンズは“感動パンツ”“感動ジャケット”、ウィメンズはドルマンスリーブのTシャツやUVカットのカーディガンなどが売れ筋で、「通勤着としても着られるアイテムのニーズが戻ってきている」。

 しまむら(5月21日〜6月20日で集計)は同0.2%減と、21年10月以来8カ月ぶりの前年実績割れ。ただし、「気温が低かった6月第2週以外は好調だった。集計期間に入っていない21日以降も夏物がよく動いており、問題はない」と広報担当者。

 「無印良品」を運営する良品計画は同11.4%減。衣服・雑貨カテゴリーは主力の婦人服が伸び悩んで同8.0%減、生活雑貨カテゴリーは同15.2%減と大幅に割り込んだ。同社は30日に、22年8月期の業績予想を下方修正している。

 アダストリアは同8.1%増。「社内での数字の受け止め方は“まあまあ”といったところ。梅雨明け以降、7月にかけて盛夏物がしっかり動いている」と広報担当者。

 ユナイテッドアローズは同6.3%増。「気温上昇と共に夏物衣料の動きが活発化し、客単価は前年同月に対し2ケタ増」(発表資料から)という。コロナ禍前の19年6月との対比では21.0%減。メンズでジャケット、パンツが動くなど、ビジネス衣料のニーズに戻りが見られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら