ファッション

2022年「ANDAM賞」、グランプリは「ボッター」 元「ニナ リッチ」のデザイナー夫婦

 フランス国立モード芸術開発協会が主催する2022年「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award以下、ANDAM賞)」の授賞式が30日、パリのパレ・ロワイヤルで行われた。グランプリに選ばれたのは、ルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)によるメンズブランド「ボッター(BOTTER)」。2人には賞金30万ユーロ(約4260万円)に加えて、ブルーノ・パブロフスキー(Bruno Pavlovsky)=シャネル(CHANEL)ファッション部門プレジデント兼シャネルSASプレジデントによる一年間のコーチングセッションが贈られる。

 2人は18年のイエール国際モードフェスティバルでグランプリを獲得し、LVMHプライズのファイナリストに選ばれた後、同年8月にギョーム・アンリ(Guillaume Henry)の後任として「ニナ リッチ(NINA RICCI)」のアーティスティック・ディレクターに就任。3年半務めた後、22年2月に同職を退任している。オランダ領であるキュラソー島出身のボッターとドミニカ共和国の島で育ったヘレブラーは、カリブ海のインスピレーションをもとにした、ジェンダー・フルイドなアプローチを得意とする。

 特別賞はロンドンを拠点とする「ロバート・ワン(ROBERT WUN)」、ピエール・ベルジェ(Pierre Berge)賞はパリベースの「ブルーマーブル(BLUEMARBLE)」、アクセサリー賞はやはりパリを拠点とするジュエリーデザイナーのドリー・コーエン(Dolly Cohen)が受賞した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら