ファッション

スナップで検証!ジーンズ女子が渋谷・原宿に増殖中【ピックアップトレンド VOL1.ジーンズ】

有料会員限定記事

業界のトレンドトピックに焦点を当てる新連載がスタート!担当記者がストリートスナップやブランド取材を通じて得たホットな情報を、いち早く皆さまの元へお届けします。(この記事は「WWDJAPAN」6月20日号からの転載です)

 今、都心の街にはジーンズをはく女性があふれている。カラーはウオッシュのかかったブルー、シルエットはルーズなストレートやローライズがトレンドで、Y2K(2000年代)ブームの影響が見てとれる。だがその買い方やコーディネートへの取り入れ方は当時とは一味違う。

 お腹チラ見せのクロップドトップスと合わせる渋谷のティーンもいれば、ブラウスや襟付きシャツ、ニットカーディガンなどきれいめアイテムに合わせる原宿・表参道の大人女性も。皆、自分好みの一本をプチプラD2Cの急先鋒「シーイン(SHEIN)」や「ユニクロ(UNIQLO)」「ザラ(ZARA)」などで値ごろに手に入れ、個性やスタイルに合わせて自由なジーンズスタイルを楽しんでいる。

この続きを読むには…
残り904⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら