ファッション

脱マンネリ!ファッショニスタに学ぶ、定番ボーダーの最新アレンジ【22年春夏トレンド】

 ボーダーは、トレンドに関係なくずっと人気が衰えないモチーフです。ただ、おなじみの柄だけに、ありきたりに見えない“ひと工夫”した着こなしが肝心。セレブスナップやストリートスナップでも、多彩なアレンジが登場しています。今回は、お手本にしたいボーダーのスタイリングを、ファッショニスタの装いからピックアップしてみました。

 3月にパリで開催された「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2022-23年秋冬コレクションのショー会場に現れた、ファッションアイコンのアレクサ・チャン(Alexa Chung)。オレンジベースのマルチボーダーTシャツに、コンパクトなライダースジャケットを羽織って、クールなロックテイストを漂わせました。ミニスカートでフレッシュに見せつつ、ライダースとブーツでタフさも印象づけています。

“黒×白”は変化球のデザインでバランスを崩す

 黒×白のモノトーン系のボーダーは見慣れた印象があるだけに、着こなすにあたって、アレンジを加えたくなります。ボーダーの太さや間隔を少し変えるだけで、印象が様変わり。新鮮な着こなしに映ります。

 一般的なモノトーン系のボーダーは黒と白の幅が同じですが、太さを変えればリズムが加わります。ゆったりとしたボーダー幅なら、リラックスした雰囲気に。1枚目の写真は、ジャケットを重ねてシックに落ち着かせました。全体をモノトーンでまとめて、クールに整えています。

 ボーダーのトップスと組み合わせるアイテムを工夫して、着こなし全体で変化を見せる選択肢もあります。ボトムスのほかに、バッグや靴もボーダールックを揺さぶるうえで効果的です。

 2枚目の写真のニットトップスは、上半分にだけボーダーが配されています。全体がボーダーだと単調に見えがちですが、上下アシンメトリーなものを選ぶことで意外性が加わりました。オーバーサイズのトップスとショートパンツも適度にアンバランス。さらに、ロングブーツで縦長イメージを押し出しました。斜め掛けのバッグがすっきりとした印象を添えています。

1枚で主役級のマルチカラーはアート感覚でまとう

 マルチカラーのボーダーは、モノトーンに比べて表情が深くなります。多色で華やかな雰囲気になるのに加え、アート感覚をまとえるのもいいところ。

 1枚目の写真は、下に着た長袖の一部がマルチカラー。上に重ねたベストは、正面にたくさんの色を迎えました。太さもまちまちで、色付きバーコードのように複雑なミックスです。主張は十分なので、ボトムスはあえてシンプルな黒パンツが正解。主役級トップスのおかげで、プレイフルな見え具合に仕上がっています。

 日本では“ボーダー”は横しま、“ストライプ”は縦しまを指しますが、ボーダーとストライプを混在させると、ラインの走る方向が違うために動きが強まります。マルチカラーの組み合わせなら、さらにダイナミックに映ります。

 2枚目の写真は、“ボーダー×ストライプ”のよさを感じ取れるショット。大胆な切り替えを施したニット仕立てのワンピースで、上半身はボーダー、スカートはストライプという構成です。マルチカラーの相乗効果で動きが出て、1枚で着ても主役級の着映えに。鮮やかなブルーのジャケットを重ねて、爽やかさもプラスしました。

ピンクのボーダーで若々しさやハッピー感を演出

 “ネイビー×白”のボーダーは夏の定番ですが、白との組み合わせに別の色を取り入れると、ぐっと鮮度がアップします。たとえば、ガーリーな“Y2K”のムードを印象づけるピンクを使えば、若々しいムードが生まれます。“ポスト・コロナ”を意識したハッピー感も呼び込めそうです。

 1枚目の“ピンク×白”のボーダーワンピースは、ミニ丈のおかげでフレッシュな印象。ゆるっと肩出ししたのも、Y2Kライクな着こなしです。太いカチューシャとリボン付きのレースアップブーツをピンクでそろえて、いっそうチャーミングな雰囲気を濃くしました。ピンクが全体に響き合って、弾むような軽快感が生まれています。

 甘くなりがちなピンクを大人っぽくまとうテクニックもあります。ライダースジャケットなど、タフなムードのアイテムと合わせると、スイートな印象を遠ざけられます。

 2枚目の写真では、ニットワンピースにライダースジャケットをオン。どちらもピンクですが、ライダースを選ぶことで甘さを封じ込めています。マスクと足元に黒を盛り込み、上下で引き締め。ライダースと黒の相乗効果で、キュートさとパンクが同居するテイストミックスに仕上がっています。

 今回は、タイプが異なる3種類のボーダーコーディネートをご紹介しました。都会的なハンサムルック、アートフルな着こなし、キュートなY2Kと、それぞれ雰囲気が違うので、似通って見えがちなボーダーアイテムの着回しに役立ちそうです。自分好みにアップデートするヒントにぜひ使ってみませんか。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら