ファッション

レトロブームを古く見せずに着るには? 大人のための最旬アレンジ術【22年春夏トレンド】

 昭和レトロブームや古着人気も相まり、ノスタルジックな雰囲気の着こなしがウケています。のどかでタイムレスな印象をまとえるのも支持が集まる理由です。ただ今季は、どこか懐かしいムードを漂わせつつも、トレンドを生かしてアレンジするのがポイント。“ジェンダーレス”や“ヘルシーなセクシーさ”、“ポジティブ”などのキーワードを取り入れたスタイリングが鮮度を高めてくれます。古着やビンテージをマルチに着こなすうえでも役に立つコーディネート術です。

 たとえば、「ポール&ジョー(PAUL & JOE)」はビッグカラー(大襟)のパフスリーブワンピースを披露。ポジティブなイエローが今の気分を反映しています。足元は、花柄をあしらったオールディーズなハイソックスに、プラットフォームのローファーでボリュームを出しています。今回は、レトロなムードを今年らしくアップデートした装いをピックアップしました。

大襟×花柄はジェンダーレスなスタイルに

 古風なムードを漂わせる大襟は淑女風に着こなすのが主流でしたが、大襟が定着してきたことで、別のテイストでまとうアレンジも登場してきました。

 「ジーヴィージーヴィー(G.V.G.V.)」のトップスは、あでやかな総花柄がダイナミック。ビンテージっぽい着こなしですが、ノスタルジックにまとめすぎず、スカートとパンツが合わさったボトムスで、ジェンダーレスな雰囲気を演出。ハイウエストが脚を長く見せています。トップスは、肩先まで張り出した大襟がフレンチスリーブのような見え具合。りりしさも加わった、大人フェミニンの変化球スタイリングです。

吊りスカートはアシンメトリーでドレッシーに

 ベストとスカートがつながったジャンパースカートは、懐かしげな表情を宿しています。肩からひもで吊ったスカートや、胸当てが付いたサロペットスカートはどこかガーリーな雰囲気。これらをドラマティックに着こなすのが旬のスタイリングです。

 キュートなイメージのあるジャンパースカートも、「ワイズ(Y'S)」の手にかかれば、こんなにドレッシー。ウエストが締め付けられないので、ストレスフリーに着られます。レース素材を採用して少女っぽさやレトロ感を残しながらも、アシンメトリーのワンショルダーで動きをプラス。半袖開襟シャツとワークブーツでマニッシュな風味も添えています。

カーディガンはクロップド丈で健康的なセクシーに

 穏やかな風合いのカーディガンは、羽織るだけでノスタルジックなムードを醸し出すアイテムです。オールディーズな雰囲気の着こなしに向いていますが、色味や着丈を変えれば、新鮮なスタイリングに仕上がります。

 「チョノ(CHONO)」のカーディガンは、フレッシュなイエローがみずみずしいムード。このように着丈が短いタイプを選ぶと、目新しいバランスが生まれます。ウエストの位置が高く見えるので、脚長効果も期待できそう。素肌に着てボタンを締めて、きれいなVラインを見せることで、健康的なセクシーさもまとっています。

ヘッドスカーフは同系色コーデでエレガントに

 変わらず人気アイテムのヘッドスカーフは、巻き方のバリエーションが多いので、いろいろなムードをまとえるのがいいところ。たとえば、髪全体を覆う“真知子巻き”は、昭和レトロのイメージを呼び込めます。

 スカーフを服と同じ柄で用意したのは「ライト(WRYHT)」。ローブ風のロング丈のアウターを重ねて、縦に長いコーディネートに整えました。頭部を包んで後ろに流したヘッドスカーフが優美な見え具合。全体を柔らかいカラートーンで統一したおかげで、穏やかなスタイリングに仕上がっています。

 古着ライクな着こなしは、おしゃれ好きの間でますます支持を広げています。ビンテージやレトロなムードに少しひねりを加えたコーディネートは、さらに出番を増やしてくれそう。タイムレスでありながら、自分らしさを演出しやすいスタイリングです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら