ファッション

業界を動かす女性たち【中編】活躍する女性25人に聞いたダイバーシティー達成度

有料会員限定記事

 6月13日発売の「WWDJAPAN」では、ファッション&ビューティ業界で活躍している女性たち25人の協力のもと、業界の女性活躍の達成度や女性のエンパワメントに注力していると思うブランドや企業、ロールモデルなどを聞いた。

 ファッション&ビューティの大企業の経営層となると全く男女平等ではないし、完全とはもちろん言えない。しかし、声を集めた結果見えてきたのは、多様な人が、その人が追い求める幸せを実現させてきた業界の姿。社内外に女性やマイノリティーが多く関わる業界だからこそ生まれる知見や経験を生かして、ジェンダー平等・活躍において他業界をリードしていける存在になれるはずだという願いを込めて、アンケートの回答を前編・中編・後編で公開。今回は中編として、ファッションや小売りの業界で活躍する9人の回答を紹介する。

Q1 あなたの働く業界・企業の女性活躍達成度は?
Q2 自社以外で、女性のエンパワメントに注力していると思うファッションやビューティの企業、ブランドは?
Q3 あなたにとって女性活躍のロールモデルは?


宮地純/カルティエ ジャパン プレジデント&CEO

1. 50%
 カルティエは世界的にも日本国内においても女性活躍度は非常に高い(女性管理職比率、国内外50%、各国の社長職も50%)。それでもあえて50%としたのは、女性活躍は女性のみの課題ではなく、社会全体で取り組んでいくべきものだから。“We need the other half!” もう半分の男性と共に社会全体を活性化させることが、今後の日本・世界にとって必須。

この続きを読むには…
残り3067⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら