ファッション

業界を動かす女性たち【中編】活躍する女性25人に聞いたダイバーシティー達成度

有料会員限定記事

 6月13日発売の「WWDJAPAN」では、ファッション&ビューティ業界で活躍している女性たち25人の協力のもと、業界の女性活躍の達成度や女性のエンパワメントに注力していると思うブランドや企業、ロールモデルなどを聞いた。

 ファッション&ビューティの大企業の経営層となると全く男女平等ではないし、完全とはもちろん言えない。しかし、声を集めた結果見えてきたのは、多様な人が、その人が追い求める幸せを実現させてきた業界の姿。社内外に女性やマイノリティーが多く関わる業界だからこそ生まれる知見や経験を生かして、ジェンダー平等・活躍において他業界をリードしていける存在になれるはずだという願いを込めて、アンケートの回答を前編・中編・後編で公開。今回は中編として、ファッションや小売りの業界で活躍する9人の回答を紹介する。

Q1 あなたの働く業界・企業の女性活躍達成度は?
Q2 自社以外で、女性のエンパワメントに注力していると思うファッションやビューティの企業、ブランドは?
Q3 あなたにとって女性活躍のロールモデルは?


宮地純/カルティエ ジャパン プレジデント&CEO

1. 50%
 カルティエは世界的にも日本国内においても女性活躍度は非常に高い(女性管理職比率、国内外50%、各国の社長職も50%)。それでもあえて50%としたのは、女性活躍は女性のみの課題ではなく、社会全体で取り組んでいくべきものだから。“We need the other half!” もう半分の男性と共に社会全体を活性化させることが、今後の日本・世界にとって必須。

2. J.フロント リテイリングは、パワフルな女性があらゆる階層に多い。会話の中で笑いが溢れるような明るくパワフルな女性幹部が多いということは、組織としてもきっとエンパワメントが実現できているのではないかと思う。

この続きを読むには…
残り2963⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。