ファッション

「ディオール オム」2016-17年秋冬パリ・メンズ・コレクション

REPORT

優等生クリスの反乱!?クチュリエによるメンズの王道、スーツの破壊

「ディオール オム(DIOR HOMME)」のメンズを手掛けるクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)は、優等生的存在のデザイナーだ。彼の生真面目さは、「ディオール オム」のコレクションに現れ続けている。エディ・スリマン(Hedi Slimane)の後任という重責を担うことになった彼は、「『ディオール オム』の顧客が本当に求めているもの」、そして「『ディオール オム』が提案しなければならないこと」を考え、その答えをスーツに見出した。以降彼は、コレクションの軸をフォーマルウエアから移すことを一切せず、近年はそこに創業者ムッシュー・ディオールへのオマージュまで盛り込み続けている。多少一本調子な気はするが、それもまた、彼の生真面目さによるものだろう。

そんなクリスが今シーズンは、スーツの“破壊”という、優等生らしからぬチャレンジに挑んだ。しかも、“破壊”する際に用いたのは、クチュールブランドならではのクラフトマンシップ。クリスは、職人の手仕事を動員し、美しいスーツを、さらに美しくするのではなく、半ば破壊し、フォーマルウエアに新たな一面を付することにトライした。

代表的なのは、中盤以降頻繁に登場した、深紅の刺しゅうで彩られたフォーマルウエアだ。深紅のステッチはスーツの上に格子柄を描くが、糸はところどころ切れたり、ほつれたりで生真面目なクリスらしからぬ不完全さ。完璧だったスーツは、職人たちの手仕事によって“破壊”され、結果、フォーマルから逸脱することなく、フォーマルとグランジという2つの世界が融合した。この前後のジャストフィットのジャケットと、巨大なバギーパンツのセットアップも、極端なプロポーションバランスを選ぶことでフォーマルの美を“破壊”した結果だ。

反逆精神を、ストリートライクなスタイルで表現するのではなく、あくまでスーツで描くのは、「ディオール オム」らしく、クリスらしい。彼が信じるスーツの可能性は、われわれが思う以上にずっと広いようだ。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。