ファッション

「ディオール オム」、「G6」世界先行の最新コレ発表

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は19日、翌日オープンする「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の旗艦店「ハウス オブ ディオール(HOUSE OF DIOR)」を祝い、同店世界先行発売の2017年フォール・コレクションを発表した。いわゆる17年プレ・フォールにあたるコレクションはこれまで、5月に発表し、世界同時に発売してきた。今年はハウス オブ ディオール ギンザ(House of Dior Ginza)のオープニングを祝い、発表を1カ月程度早め、これから約1カ月は日本でしか販売しない。

 19日はマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)「ディオール(DIOR)」アーティスティック・ディレクターによる17年春夏オートクチュール・コレクションのランウエイショーを開催後、ゲストを車で有明まで送迎。ベッドやソファーをしつらえた、漆黒の小部屋をいくつも並べた空間で、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)「ディオール オム」アーティスティック・ディレクターは、17年フォール・コレクションを発表した。

 1月に発表した、17年秋冬に相当するウィンター・コレクション同様、若者のバイブスを象徴する“ニュー ウェーブ”をキーワードに、パンクな反骨心をクラフツマンシップで表現したブラックベースのコレクションを発表。真っ赤な刺繍をパンクに盛り込んだセットアップ、スーツ地とレザーをパッチワークしたブルゾンなど、荒々しくも、テクニックが満載のウエアが並ぶ。アイコニックな「クリスチャン ディオール パリ(CHRISTIAN DIOR PARIS)」のロゴには、パイルのアルファベットワッペンで描いた“NEW WAVE”の文字をのせた。メゾンの歴史に敬意を表しつつ、それを若々しく、時に荒々しく表現する、最近のクリスのアプローチは健在だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。