ファッション

「ディオール オム」のビジュアルにデペッシュ・モードのフロントマン登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーンビジュアルを公開した。「#INTOTHENIGHT」と題された同キャンペーンは、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)のアーティスティック・ディレクター就任10年目を記念したもの。モデルには、過去のキャンペーンで楽曲を使用するなど関わりが深いイギリスの人気バンド、デペッシュ・モード(Depeche Mode)でフロントマンを務めるデイヴ・ガーン(Dave Gahan)をはじめ、アメリカ人俳優のルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges)、気鋭モデルのクリストフ・T・キントー(Christophe T Kint)とディラン・ロケス(Dylan Roques)を起用した。スタイリングはマウリシオ・ナルディ(Mauricio Nardi)が手掛け、数多くのメゾンの撮影を手掛けてきたフォトグラファーのデヴィッド・シムズ(David Sims)が撮り下ろした。

 シムズらしい光と影を巧みに利用したビジュアルは、パリで発表した17-18年秋冬コレクション“レイヴパーティー(RAVE PARTIES)”で随所に見られた“HARDCORE”と“DIOR”の造語“HARDIOR”のテープを背景に、“THERE WILL BE NOISE COMPLAINTSー騒音への苦情が出るだろう”“THEY SHOULD JUST LET US RAVEーどうかレイヴさせてくれ” といったスローガンがプリントされたニットなど、コレクションのメッセージを強調したものになっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら