ファッション

「ディオール オム」のビジュアルにデペッシュ・モードのフロントマン登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーンビジュアルを公開した。「#INTOTHENIGHT」と題された同キャンペーンは、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)のアーティスティック・ディレクター就任10年目を記念したもの。モデルには、過去のキャンペーンで楽曲を使用するなど関わりが深いイギリスの人気バンド、デペッシュ・モード(Depeche Mode)でフロントマンを務めるデイヴ・ガーン(Dave Gahan)をはじめ、アメリカ人俳優のルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges)、気鋭モデルのクリストフ・T・キントー(Christophe T Kint)とディラン・ロケス(Dylan Roques)を起用した。スタイリングはマウリシオ・ナルディ(Mauricio Nardi)が手掛け、数多くのメゾンの撮影を手掛けてきたフォトグラファーのデヴィッド・シムズ(David Sims)が撮り下ろした。

 シムズらしい光と影を巧みに利用したビジュアルは、パリで発表した17-18年秋冬コレクション“レイヴパーティー(RAVE PARTIES)”で随所に見られた“HARDCORE”と“DIOR”の造語“HARDIOR”のテープを背景に、“THERE WILL BE NOISE COMPLAINTSー騒音への苦情が出るだろう”“THEY SHOULD JUST LET US RAVEーどうかレイヴさせてくれ” といったスローガンがプリントされたニットなど、コレクションのメッセージを強調したものになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。