ビューティ

ファンケル、毛穴洗顔やインナーケア食品好調 “美の土台”への関心高まる

有料会員限定記事

 ファンケルの1〜3月商況は、引き続きマスクの常用で毛穴ケアやシワ改善などにアプローチする製品が売れ筋に上がった。21年10月に発売したシワ改善美容液“サインズエフェクター”(18g、税込7480円)や定番の洗顔料“ディープクリア洗顔パウダー”などがけん引した。一方で青汁やサプリメントといった栄養食品へのニーズも高く、美容意識はインナーケアにも向いているようだ。(この記事は「WWDJAPAN」5月9日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1185⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら