ファッション

顧客体験価値の企業ランキング、「ワークマン」2位、「高島屋」11位

 ブランドコンサルティングのインターブランドジャパンは、顧客体験価値(CX)の国内企業ランキング2021年版を発表した。ベストテンは1位が「星野リゾート」(前年は16位)、2位が「ワークマン」(同圏外)、3位が「サントリー」(同11位)、4位が「帝国ホテル」(同23位)、5位が「任天堂」(同10位)、6位が「スターバックスコーヒー」(同25位)、7位が「ANA」(同14位)、8位が「ニトリ」(同圏外)、9位が「味の素」(同17位)、10位が「花王」(同22位)という結果だった。

 一般消費者1万人以上のアンケート調査に基づき算出した。顧客が求める体験価値を「私向けのものだと思える」「私にとって意味がある」「オープンで、正直である」「私の立場で考えてくれる」「いい気分にさせてくれる」の5つの要素で解析し、スコアをはじき出した。コロナ下で星野リゾート、帝国ホテル、スタバ、ANAといったホスピタリティに定評がある企業が順位を上げた。ワークマンは「私向けのものだと思える」「私の立場で考えてくれる」が他社よりも高評価を得た。

 他にファッション&ビューティ関連では、11位に「高島屋」(同27位)、15位に「無印良品」(同35位)、17位に「ファンケル」(同12位)、27位に「イオン/イオンモール」(同32位)、32位に「資生堂」(同34位)、33位に「イトーヨーカ堂」(同圏外)、34位に「伊勢丹」(同圏外)、42位に「ユニクロ」(同6位)がランクインした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら