ファッション

「モンクレール」がサッカーのインテルとタッグ 公式フォーマルウエアパートナーに

 「モンクレール(MONCLER)」はこのほど、イタリア・ミラノが本拠地のサッカーチーム、FC インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)と3年間の公式フォーマルウエアパートナー契約を締結した。インテルは、ヘッドコーチのシモーネ・インザーギ(Simone Inzaghi)やクラブの経営陣とともに、2021-22シーズンの公式行事で「モンクレール」を着用する。

 同ブランドは今回の契約を祝し、インテルのシグネチャーパレットを使用したウエアとアクセサリー15点のカプセルコレクションを制作した。ヨーロッパでは12月7日から、ダウンジャケットやニットキャップ、マフラーなど5点のアイテムを「モンクレール」公式サイトで販売している。

 同コレクションのキャンペーンは、マグナム・フォトのパオロ・ペレグリン(Paolo Pellegrin)が撮影した。ハカン・チャルハノール(Hakan Çalhanoğlu)やホアキン・コレア(Joaquin Correa)、デンゼ ル・ダンフリーズ(Denzel Dumfries)、エディン・ジェコ(Edin Džeko)、ラウタロ・マルティネス(Lautaro Martinez)といった主要プレーヤーと、シモーネ・インザーギがコレクションを着用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら