ファッション

ワークマン、既存店の伸びは鈍化 4〜9月期は営業利益14%増

 ワークマンの2021年4〜9月期業績は、チェーン全店売上高が前年同期比8.0%の737億円だった。アウトドアウエアなどを販売する「ワークマンプラス」「#ワークマン女子」の新規出店を引き続き積極的に行ったため、期末店舗数は純増39の924店舗になった。ただ、「ワークマンプラス」の出店を開始した18年以降は既存店売上高の2ケタ増が続いていたかが、当期は同1.7%増に鈍化している。

 営業利益は同13.8%増の126億円、純利益は同8.5%増の79億円だった。円安や中国・東南アジアでの人件費、原材料費、物流費の高騰といった逆風があったものの、コスト管理と増収によって増益を確保した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら