ファッション

「古着屋ジャム」が10店舗目となる名古屋店をオープン 東海エリア初出店

 JAM TRADING(大阪、福嶋政憲社長)が運営する「古着屋ジャム」は4月28日、名古屋店をオープンした。売り場面積は約191平方メートル。同店は東京、大阪、宮城(仙台)、京都、広島、福岡に9店舗を持つが、東海エリアへの出店は初めて。

 福嶋社長は「既存店同様、レギュラー古着から希少なビンテージまで幅広く扱い、オリジナルのリメーク商品も含めて約7000点をラインアップする」と話す。

 また次なる出店については、「8月末にアメ村(大阪)に出店する予定だ。アメ村にはすでに店舗を持つが、ウィメンズ古着の『エルル・バイ・ジャム』をショップインショップとしてオープンしたり、一方で“濃度の高い”古着を集積したりして差別化を図る」という。

■「古着屋ジャム」名古屋店
オープン日:4月28日
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
住所:愛知県名古屋市中区大須3-18-7 オズコア1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら