ファッション

フルーツ大福「弁才天」の社長は古着屋の経営者だった 弁才天の株は売却して新事業も構想中

有料会員限定記事

 愛知県名古屋市覚王山発祥のフルーツ大福「弁才天」は、フランチャイズ(以下、FC)改め「暖簾分け」制度の導入も手伝い、2019年10月の1号店オープンからわずか2年半で全国に70余店を展開。大きなフルーツをイチゴなら丸ごと一個くるんだ大福は、果物本来の風味を邪魔しない味や“萌え断”で有名だ。一方、同社の大野淳平社長が、実は古着屋「シープ ヴィンテージ(SHEEP VINTAGE)」を経営していることは、あまり知られていない。そしてさらに弁才天の株式の多くを売却し、新機軸に挑もうとしていることは、もっと知られていない。ビジネスセンスと人懐っこさを備える大野社長を紹介する。

 大野社長は、遊べる本屋の「ヴィレッジヴァンガード(VILLAGE VANGUARD)」が生まれた名古屋市天白区植田で育ち、カルチャーにどっぷりハマって明治大学に進学。大学時代は「何者かになれるんじゃないか?」と考えてバンド活動にのめり込んだが、行動しないから何者にもなれず、「ハイエースに荷物を詰み、涙を流しながら地元に戻った」という。

 最初にビジネスセンスの片鱗を見せたのは、広告代理店での営業制作の仕事だった。小売店のオーナーという「周りが反対意見を出してくれない人」に進言し、自分の周りのカルチャー系の友人とクリエイティブを作るのは楽しく、結果も伴って年収は倍々ペースで増加したが、会社の意向とクライアントの利益の狭間で揺れたり、そんなクライアントの商売も「店名からやり直したい」と思う機会が増えたりで退職。以降は起業家として立ち飲み屋やコーヒーショップ、シェアオフィスなど、さまざまなビジネスを立ち上げたが、いずれも長くは続かなかった。見た目先行のガストロノミーは、当初「食べログ」で3.9くらいの高評価を得たが、「半年後には誰も来なくなった」。その一方で周りには「美味しくても潰れる店がある」。ビジネスには、プロダクトとプロモーションの双方が必要と痛感したという。

この続きを読むには…
残り2951⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら